測量士の本

『世界測地系と座標変換』という単行本の紹介をします。
はっきり簡単に世界検地システムへの移動によって、座標系と座標変化についてコメントします。
本当の測量と地図(数字)とともに問題について特に多くの例を使います。
行った内容は、従来の教科書がどれを持たなかったかについて、さらに踏みます。
地図と楽しみの上に何かに形のデータを書く(緯度、わずかな価値)人に、とても都合がいい本。
要点は、すらすらと、そして、短く書きとめられます。
小さいので、それはあなたにバッグを設置するとせがみません。
大部分の技術書と比較するとこの安さと高品質で驚きます。
こういった感じの内容になっています。
もちろんほかにもいい本というものは数多く存在しています。
特に多いなあと感じたのが、測量士の試験に関する本です。
参考書という方が正しいです。
『わかりやすいGPS測量』という単行本もあります。
これはGPS測量でよい主義を理解する人!
この本に関しての測量技術のそれになる注目に値するGPS測量について、フライトレコーダーがコンクリートの例といろいろな数字と具体例によって基本的な点(主義)についてコメントするということ。
そのうえ、私は測量士の頻出試験問題についてそれをして、この本についての知識の固定を測って、それをビジネスのために生きていておいて、それを試験処置のために利用することができます。

測量士の資格