試験の傾向

測量士試験の出題傾向というものとポイントを紹介しようと思います。
・三角測量 トータルステーションやGPS測量というものが主流となっています。
広範囲に渡る地域を対象とした出題が多く見られます。
また地球の形状や球面の考え方というものが必要になっていてジオイド高というものを理解しておく必要というのがあります。
こんな感じの傾向が見られます。
これに対するポイントとしては、準拠楕円体というものから平面座標に至る計算というものの方法。
またTSとGPSを用いた測量というものに関して対策を練ることです。
・多角測量
三角測量や多角測量の理論と技術というもの双方にまたがって出題される傾向があります。
また光波測距儀というものトータルステーション、さらにはGPS測量に関する出題が多いという傾向も見られます。
この対策としては、多角路線の選定条件というものや平均計画図、光波測距儀の距離計算というものを特に注意してください。
さらに気象補正や誤差、距離・方向角・座標の標準偏差というもの。
さらには観測方程式楕円誤差や偏心観測、斜距離の計算やTSとGPSを用いた測量というものも忘れてはいけません。
こういったものが傾向として現れます。
もちろんこれらは基本的なことですので覚えておく必要があります。

測量士試験について